SEは人と技術を扱うプロフェッショナル

SEとは、システムエンジニアの略となり、コンピューターシステムの設計・開発を行うことが主な業務となる。
最近では企業でもコンピュータシステムを導入することが多く、SEという職種のニーズも高まり、求人も増えているのである。
たとえば、企業にコンピュータを設置し、それらをLANに接続してデータベースの共有化を図る際にはサーバーマシンを用意する必要がある。

このように、顧客が何をしたいのかを明確に聞き出すことにより、必要なコンピュータ機材を選定するのが第一の仕事だ。
そのためには、顧客の要求事項をしっかりと聞き出すコミュニケーション能力が大切になるわけである。このヒアリング時がSEの最も活躍する場面だ。
実際に、ハードウェアを設置してコンピュータプログラミングを行い設計を開始していくと、今度はSEが明確にプログラマたちに設計方針を伝えてゆくのだ。このときにも、顧客要求に基づいた指示を行うわけである。

コンピュータシステムにおけるソフトウェアのコーディングは、まさに顧客それぞれに対するオーダーメイド部分となるからである。
時には自ら上位部分のプログラミングを行い、下層部分について他のエンジニアに任せることもある。
このようにSEの活躍の場は、顧客やエンジニアたちとのコミュニケーションが最も重要な職種であるため、特に技術系大学出身であることが必須とはならない。文系出身の未経験でも、開発に関わっていくうちに知識を養っていくことができるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です